ラボグロウンダイヤモンド

Lab-Grown Diamond Jewelry - The Future Rocks

ハイエンドの高級ジュエリーの世界では、多くの人が、自分のスタイルに同じ輝きを加えることができるダイヤモンドの代替品について質問しています。しかし、最高級のジュエリーは、その希少性や高額な価格から、手が届かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんな中、ここ数年、新しいタイプのラボグロウンダイヤモンドが市場に登場しました。このラボグロウンダイヤモンドは、管理された環境で育成されることでその独特の特性を発揮します。ラボグロウンダイヤモンドの周りにまだ多くの謎があることは理解ができます。それでは、自分自身や特別な人のために1つを購入する前に、ラボグロウンダイヤモンドジュエリーについて知っておく必要があるものを詳しく見てみましょう。

ラボグロウンダイヤモンドとは何ですか?

ラボでダイヤモンドを成長させるというと、SF小説の世界のように聞こえますが、ラボの技術は急速なスピードで進歩し続けており、ほぼすべてのことが可能になっています。ラボグロウンダイヤモンドは、多くの利点があるため、人気を集めています。例えば、一貫した成長と純度により、ラボグロウンダイヤモンドは優れた透明度とカットを持っており、リング、イヤリング、ブレスレット、ネックレス、または長持ちさせたいその他のジュエリーに最適です。


ラボグロウンダイヤモンドは、その物理的、光学的、化学的特性など、あらゆる面で純粋なカーボンダイヤモンドです。時には、ラボグロウンダイヤモンドは、人造ダイヤモンド、合成ダイヤモンド、人工ダイヤモンド、または養殖ダイヤモンドと呼ばれることもあります。

Lab-created diamonds produced by Diamond Foundry. Its technology crystallizes greenhouse gases into a lab-created diamond.
Diamond Foundry​​

ラボグロウンダイヤモンドは、どのように作られるのですか?

ラボグロウンダイヤモンドは、天然のカーボンをグラファイト状に加熱して作られますが、炭化ケイ素や酸化アルミニウムから作ることも可能です。


ラボグロウンダイヤモンドの典型的な製造方法は、自動化された機械の中に炭素源をセットし、機械が熱と圧力とともに炭素と他の鉱物を注入してダイヤモンドを生成するというものです。 ダイヤモンドは、実験室内で高温高圧にさらされた炭素から作られています。この工程には約2週間かかります。機械はコンピューターで制御され、温度や圧力など、成長過程におけるさまざまな要素をコントロールできるようにプログラムされています。ダイヤモンドの製造に必要な時間は、そのサイズと形状によって異なります。ダイヤモンドを成長させる最初のステップは、ダイヤモンドの種となる素材の小片を機械の中に入れることです。次に、機械は機械内部の炭素片を加熱して、炭素をダイヤモンドに成長させる高圧環境を作り出します。

シード


実験室で育てられたプロセスは、種結晶として知られる小さなダイヤモンドの破片から始まります。これは、ニッケルや鉄などの金属触媒とともに、プレス内のセルに配置されます。グラファイトなどの純粋な炭素のブロックが上にあります。

Lab-created diamond seed

HPHT


最初の独自の方法である高圧高温(HPHT)は、シードを純粋な炭素に植え、非常に高い圧力と熱の下でオーブンに入れることから始まります。シードはダイヤモンドテンプレートのように機能し、炭素は微視的な層ごとにそのシードに結合して粗いダイヤモンド結晶を作成し、それをカットして研磨して最終的な鮮やかな形にすることができます。市場で最も大きく、最も白いダイヤモンドは、この方法で成長します。

In the lab-created diamond plasma reactor, lab-grown diamonds are made with the High-Pressure High-Temperature (HPHT) method.

CVD


2番目の方法である化学蒸着(CVD)は、より現代的な技術ですが、ダイヤモンドシードの薄いスライスから開始するという点でも似ています。


そのスライスは、炭素が豊富なガスで満たされた超高温(HPHTほど高温ではありませんが)の密閉チャンバー(プラズマ反応器)に入ります。


次に、これらのガスをレーザーまたはマイクロ波でイオン化して、炭素をシードに分子結合します。最終的に新しく成長したダイヤモンドが完成します。

Lab-created diamond seed
CVDラフには、内側のダイヤモンドを露出させるために除去する必要がある、厚くてラフなグラファイトの外側があります。これはコアリングと呼ばれます。

どのように選択すればよいですか?

天然ダイヤモンドは地球から採掘されているため、ラボで栽培されたダイヤモンドよりも希少で高価です。実験室で育てられたダイヤモンドは、自然界に見られるものと同様のダイヤモンドを製造するために、高圧高温条件下で実験室で製造されます。ラボグロウンダイヤモンドは、形状、サイズ、品質がより一貫しており、天然ダイヤモンドよりも手頃な価格ですが、ユニークさは劣ります。どちらも、個人のジュエリーに適した石を決定する際に魅力的な属性を持っています。

ラボグロウンダイヤモンドの利点


一貫した品質 - ラボグロウンダイヤモンドの品質は一貫しており、求めている透明度レベルと形状を簡単に選択できます。


手頃な価格 - ラボグロウンダイヤモンドは、自然界で見つけるよりも育てやすいため、より手頃な価格です。婚約指輪に石をセットするか、予算内に収まる他のジュエリーを購入することができます。


もっと楽しく - ラボグロウンダイヤモンドは通常、白または無色ですが、プロセスに応じて、黄色、青、さらには緑になることもあります。急速な技術の進歩は、新しい技術によってさまざまな色のダイヤモンドを成長させることができ、さらにユニークなデザインオプションが可能になることを意味します。

ラボグロウンダイヤモンドの制限


不完全性の欠如 - ほとんどのラボグロウンダイヤモンドは無色で透明度に優れていますが、天然ダイヤモンドの独特の特徴はありません。後者には、それらを際立たせ、特別なものにする自然な欠陥があります。


希少性の欠如 - ラボグロウンダイヤモンドはラボで製造されるため、理論的には無限の量です。ユニークな希少性があなたの求めているものであるならば、天然ダイヤモンドの方が良い選択かもしれません


地史の欠如 - 何百万年も前から存在しているものを身につけるというアイデアを好む人もいます。これは、火山や氷河などの地層と、それらが環境に与える影響が、地球の地質学的ストーリーを伝えるのに役立つためです。

ラボグロウンダイヤモンドを選択する4C

ラボグロウンダイヤモンドを購入するときは、ダイヤモンド購入の基本を念頭に置くことが重要です。


1953年、ジェモロジカルインスティテュートオブアメリカ(GIA)は、国際ダイヤモンドグレーディングシステムと4Cを発明しました:カット、クラリティ、カラー、カラット重量。ラボグロウンダイヤモンドは、通常、ダイヤモンドの品質を評価するための世界標準と見なされている4Cs法を使用してグレーディングされます。


目標は、あなたがこれから何年も愛する洗練された宝石をお届けすることです。


カット


カットはおそらくダイヤモンドを選ぶ上で最も重要な要素です。ダイヤモンドのカットは、その輝き、シンチレーション、火を決定します。これらはすべて、ダイヤモンドの価値に貢献します。


Understanding lab-grown diamond cut
Gemological ​​Institute of America


クラリティ


ダイヤモンドの透明度は、含有物の量によって決まります。合成ダイヤモンドは高い透明度で製造できますが、ラボグロウンダイヤモンドを購入する場合は、透明度のグレードが特に重要です。


For lab-grown diamonds, clarity refers to the absence of inclusions and blemishes
Gemological Institute of America​​


カラー


ダイヤモンドの色は、その透明度と同じくらい重要です。ダイヤモンドが黄色すぎると、世界で最も魅力的なダイヤモンドではない可能性があります。


Diamond Color Actually Means Lack of Color
Gemological Institute of America​​


カラット重量


天然ダイヤモンドはカラット重量で販売されていますが、ラボグロウンダイヤモンドはカラット数で販売されています。つまり、ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドは同じ方法で等級分けされていないため、コストを比較するのは困難です。


Diamond Carat Weight Measures a Diamond’s Apparent Size
Gemological Institute of America​​

ラボグロウンダイヤモンドをグレーディングおよび認定できるのは誰ですか?

現在、多くの主要な研究所が、研究所で作成されたダイヤモンドの等級付けと認定を行うことができます。 これには、Gemological Institute of America (GIA)、American Gem Society (AGS)、International Gemological Institute (IGI)、HRD Antwerp、Gem Certification and Assurance Lab (GCAL) および Gemological Science International (GSI) が含まれます。

結論

ソーシャルメディアの台頭により、新しいトレンドや購買習慣について学ぶことがこれまでになく簡単になりました。そして、ダイヤモンド市場も例外ではありません。より多くの人々の選択肢が増える中、ラボグロウンダイヤモンドの需要は近年著しく増加しています。


ラボグロウンダイヤモンドの数が増えるにつれ、より多くのデザイナーや消費者が新しいデザインを模索し、この新しい素材を使用しています。ラボグロウンダイヤモンドはダイヤモンド市場で広く受け入れられているオプションになっているので、それらを避ける理由はありません。実際、お手頃な価格で美しいダイヤモンドを探している人にとっては、適切で魅力的な選択肢なのです。


あなたの理想的なジュエリーはラボで栽培されています


そこには非常に多くの種類のジュエリーがあります。あらゆるスタイルや好みに合ったものがあります。シンプルなものを好む人もいれば、贅沢で大胆な見た目を好む人もいます。私たちの新着から適切な作品を見つけてください。


上から下へ: Céleste necklace and O2 necklace, and Orbit necklace.


Noor Chaltin wearing Celeste necklace and O2 necklace by Courbet and Orbit necklace by Hikari, mindfully made from lab-grown diamonds, recycled metals and more.