ダイヤモンドのカットとは?どれが最適?

A rough diamond and different lab-grown diamond shapes

現在市場に出回っているラボグロウンダイヤモンドには、さまざまな形状のものがございます。 すべての形状には、様々な外観と視覚的パフォーマンスの利点があります。 これらの形状を理解するために下記のガイドをご覧ください。

Diamond cut diagram - Gemological Institute of America

ラボグロウンダイヤモンドを選択する際の最も重要な要素とは?


4C はすべて重要ですが、カットはラボグロウンダイヤモンドの価値を左右する最も重要な要素です。 カットはラボグロウンダイヤモンドの視覚的な魅力、明るさ、および価格に大きな影響を与えます。 カットが不十分なラボグロウンダイヤモンドの外観はくすんでおり、よくカットされたダイヤモンドよりも輝きが劣ります。 光がラ グロウンダイヤモンドに出入りするときは、テーブルとベゼルを通過する必要があります。 ラボグロウンダイヤモンドのカットが不十分な場合、テーブルとベゼルが不完全になり、光の流れが制限されます。

ラボグロウンダイヤモンドの形状の重要性


一般的に見られる形状は、ラウンド ブリリアント、エメラルド、ペア、アッシャー、マーキス、スクエア、ハート、オーバル、ラディアントの 9 種類です。 カット グレードは、ラボ グロウン ダイヤモンドのカットが理想的なプロポーションにどれだけ近いかによって決まります。 ラボ グロウン ダイヤモンドの完璧なプロポーションは、希少性と価値を高めます。

Various diamond cuts

Round Brilliant Cut


ラウンド ブリリアント カットが最も人気があり、特に婚約指輪に人気があります。 クラシカルでタイムレスなフォルムにモダンな雰囲気をプラス。 ラウンド ブリリアント カットのラボ グロウン ダイヤモンドには 57 または 58 のファセットがあり、最も多くのファセットが最も多くの光を反射します。

Emerald Cut


エメラルド カットは、角が尖った正方形のラボ グロウン ダイヤモンドです。 ビクトリア朝時代にマーキス カットの代替カットとして使用されました。


エメラルド カットのラボ グロウン ダイヤモンドには多くのファセットがあり、より目立たないようにするためのソリティア ピースに最適です。

Pear Cut


ボトムはボリュームたっぷり、トップは細めのペアカット。 ペアカットは、イヤリング、ペンダント、その他のジュエリーに最適です。 上部が狭く、下部が十分にあるため、カラット重量を最大化できます。

Asscher Cut


アッシャー カットは、きれいなラインを持つ正方形のラボ グロウン ダイヤモンドです。 それを作成した人物、世界的に有名なオランダのダイヤモンド カッター、ジョセフ アッシャーにちなんで名付けられました。


アッシャー カットは、シンプルなデザインのソリティア ピースに最適で、クリーンなラインとミッドセンチュリーのディテールを通してその概念を反映しています。

Marquise Cut


マーキス カットは、先端が尖った細長いラボ グロウン ダイヤモンドです。 指を細く長く見せてくれるので、婚約指輪としてもおすすめです。

まとめ


ラボグロウンダイヤモンドを探す際には、カラット重量、クラリティ、カラー、そして最も重要なカットなど、考慮すべき要素も数多くあります。 ラボグロウンダイヤモンドの価格、そしてどの様に輝くかに影響を与えます。 ラボグロウンダイヤモンドのプロポーションは重要ですが、全く同じ宝石は 2 つとないことに注意することも重要です。