How to Dress Like a True Parisian—With Innovative Jewelry to Match

革新的なジュエリーで真のパリジェンヌのような着こなし方法

シックなコートにウェーブのかかった髪、そして言葉に表せないエレガンス。パリジェンヌはいつの時代もそのスタイルが称賛されてきました。しかし、数ヶ月住んでみるとどうでしょう。ほとんどの女性が、ある一定のドレスコードを守っていることが分かったのです。それはタイムレスで、エフォートレスな生き方を服で表現するということです。パリファッションウィークを控えた今、真のパリジェンヌのような着こなしを紹介します。

パリの道はハイヒールの大敵の石畳だらけ。夏はSandroのクレープジャケット、冬はIsabel Marantのウールコートに合わせて、雨の日も晴れの日もブーティで歩きます。 さあ、お気に入りのジュエリーは?フランスのブランド Courbet のネックレスは、リサイクルゴールドやトレーサブルゴールドのみを使用し、ゆったりとしたブラウスにつけてネックラインを強調するのが特徴です。

最近のトレンドは小型バッグですが(私はいつも電話が大きくなるのに、バッグが小さくなっていることを嘆いています)、パリジェンヌは実用性を重視し、両手が自由に使えるハンドバッグを好みます。その方が、焼きたてのバゲットを持ち運んだり、オフィスから夜中の飲み会まで移動するのが楽になるからです。このような女性たちは、繊細なスタッドイヤリングやミニティアドロップ型のイヤリングを身に着けています。さらに、ラボグロウンダイヤモンドとリサイクルメタルのみを使用し、製造工程の透明性を高めている日本のブランド、Prmalのイヤーカフを重ね付けして、昼間のルックにエッジィでシックな雰囲気をプラス。

パリの女性は文字通りズボンを履いています。地下鉄を乗り継いで行くので、スカートはあまり実用的ではありません。ブートカットジーンズが主流で、スニーカーやブーティと合わせています。でも、共通しているのは、腕まくりをしていること。Courbetでは、細いチャームブレスレットやさまざまな素材のバングルなど、腕につけるものを健康的に組み合わせて、ルックにフェミニンなタッチをプラスしています。

パリジェンヌが最もジュエリーに多様性を感じるのは、リングの選び方です。家族からのプレゼント、憧れのデザイナーの話、旅先での発見など、指にはめるジュエリーにセンチメンタルな価値を感じている女性がほとんどです。例えば、Monarcの創業者であるエラ・ドレイクは、元モデルで、Vogue Gioielloの撮影に参加した際にファインジュエリーへの情熱に目覚めたそうです。そんなお話も楽しい会話のきっかけになるかもしれませんね。