<tc>ジュエリーで重ね付けをマスターしよう</tc>

Master the Art of Layering Jewelry

ジュエリーの重ね付けは、あらゆる場面で目にするトレンドです。スタイリングにステートメントを与えるアプローチも魅力的ですが、レイヤリングジュエリーの本当の魅力は、お気に入りのコレクションや思い出の品を融合させ、思い思いにパーソナライズできることです。もし、あなたのスタイルが意識の高いもので、ラボグロウンダイヤモンドを好むのであれば、あらゆるパーツをひとつにまとめて、ユニークかつ調和のある組み合わせをお楽しいただけるでしょう。

ジュエリーの重ね付けに挑戦するのが初めての方に、5つのヒントとコツをご紹介します。

様々な金属をミックスする


金属の種類は統一すべき。そんな時代遅れな考えは捨てて、ゴールド、シルバー、ローズゴールドのアイテムを融合させましょう。Monarc のベストセラー、Hermione のツートーンカラーのフープピアスのように、すでに複数の金属が組み合わされた作品を探してみるのもよいでしょう。

長さを考える


ネックレスを重ねる場合、首の周りの長さが全く同じにならないようにすることです。ベースレイヤーは鎖骨の位置から始めるか、首から一番長く垂らすようにし、重ならないようにすることで、それぞれのパーツが見えるようになり、絡まったりすることもありません。例えば、コンテンポラリーブランドCourbet の短い Celeste チェーンネックレスは、同ブランドの長く流れるような CO tie ネックレスと完璧にマッチします。

テクスチャーで遊ぶ


ジュエリーのコーディネートも例外ではありません。重さと厚みの自然なバランスを見つけると同時に、メタル仕上げの粗さと均一さを交互に変えてみましょう。例えば、不均一なテクスチャーの Scéona Inula イヤリングと滑らかな Prmal バングルのミックスで印象が深くなります。

フォーカルポイントを加える


ジュエリーの重ね付けには、注目すべきフォーカルポイントが必要です。チェーンネックレスから垂れ下がる弧状の輝きでも、ポップな色使いでも、目立つものを1つ(あるいは2つ)選んで、センターピースにしましょう。ちょっとしたアクセントを加えたいのであれば、Frank Darling のラボグロウンダイヤモンドのような大粒のピースがおすすめです。

引き算をしてみる


最後に、ココ・シャネルの名言、「家を出る前に鏡を見て、身につけているアクセサリーを1つ外すの。」を実践してみましょう。1つだけ外すというシンプルな行為で、トータルコーディネートのこなれ感が演出できます。